気になったらうつ診断を受けよう【医師の診断をサポート】

気になったらうつ診断を受けよう【医師の診断をサポート】

明るく過ごすために

病院

うつの診断が下ると健康保険が使え、3割負担で診察が受けられます。また所得に応じて自立支援医療制度が利用でき、さらに負担は軽くなるので治療に専念できます。通院すると重症化しにくくなり、自分に合う治療法が受けられ、回復の兆しが見えてきます。

気持ちが落ち込み続けたら

看護師

気持ちが沈んだ状態が続くなどした場合はうつの可能性があるので自分で改善しようとせず、病院へ行きましょう。病院選びは重要で、医師などのスタッフが話をよく聞いて診断してくれる、薬以外の治療法があるなどを考慮して決めてください。

病気から自分を救う方法

女性

新型うつなどうつの診断は時に難しいことがあります。しかし、精神科や心療内科の医師を頼って行くとじっくり話を聞いてくれ診断してくれますし、改善のために手を尽くしてくれます。楽になりたいのなら早目に受診することが肝心です。

周囲が結果を理解して

医者

うつ病だと診断された事に対して周囲は理解を深めることが大事です。ただし、本人自らが語れる状況をつくるようにします。また、診断結果に基づいて適切な治療法が決められますが、通院時の課題ににより方向性が変わることもあります。

心も病院で治せる

男性

判断は問診が主軸

把握しづらい心のトラブルを適切に診断してくれることから、心療内科や精神科のうつ病診断が人気です。ストレス社会とも呼ばれる昨今では、職場はもちろん、家庭内でもストレスに晒されることは珍しくありません。最初は平気でも、放置すればうつ病に発展するリスクがありますから、その芽をいち早く摘み取る意味でも、病院の診断が高く評価されています。また、様々な心療内科や精神科が揃っているため、駅の近くや、世間話でもしに行く感覚で気軽に通えるクリニックなど、通院しやすい外来が充実しているのも人気の秘訣です。1人で考えている時は深く悩みましても、医師に話すことで気分がスッキリすることも多く、うつ病を未然に防ぐ手段としても注目されています。何より、専門科医がきちんと診断してくれますから、症状の原因や治療方法を究明でき、回復の見込みが得られるのも嬉しいポイントです。症状が重い方はもちろん、それほど症状が出ていない場合でも、伸びやかで健康的な暮らしができるようにサポートしてくれます。そして診断の結果、必要とあれば抗うつ剤も処方してくれますから、自分に合った薬を飲めることでも好評です。うつ病治療に安心して取り組めますので、今では沢山の人が心療内科や精神科に通っています。これまではヒアリングのみだったうつ病診断も、この頃では光トポグラフィー検査が普及しはじめたことから、機械的にも判別できるようになりました。この検査は脳における血の流れを観測して、抑うつの発生原因を探れるのが特色です。精度としては概ね6割から8割とされていますが、医師の診断をサポートする手掛かりとして活用されています。光トポグラフィー検査では双極性障害や総合失調症などを識別できるため、何が主因で抑うつ症状が発生しているかを診断できるのです。しかしながら、この検査結果は補助的資料になりますので、病院では問診を主軸に診察が行われるのも一般的になっています。問診では質問方法や、回答結果の評価はドクターの裁量にゆだねられますから、医師によって判断も変わる場合が少なくありません。そこで、病院では米国の精神医学学会やWHOなどが提唱した統一基準を導入し、差異を抑えた診断を特徴としているのです。一方、出産を起因とするなど、女性特有のうつ病も多いため、レディースクリニックなども数々見られます。そのクリニックでは心療内科や精神科のほか、婦人科なども大抵併設されており、うつ病の診断や治療でも総合的にサポートしてくれるのが特徴です。