気になったらうつ診断を受けよう【医師の診断をサポート】

  1. ホーム
  2. 明るく過ごすために

明るく過ごすために

病院

一人で悩まないで

日本でうつ病に苦しんでいる人の数は多いと言われています。一人で悩まずに専門の病院やクリニックに通うことで、突破口が見えてきます。また回復するまでの時間は個人によって違い、どのくらいの期間が必要になるかまでは予想がつきません。そうなると心配になってくるのは治療費です。長期間病院に通っていると毎回支払う医療費が気になってきます。あまり高額になるならと途中で治療を諦めてしまうことになりかねません。しかし、基本的にうつ病は健康保険の対象です。その上、うつの診断を受けると自立支援医療制度を利用できるため、実際の負担額はかなり軽くなります。この制度には所得制限があり、支払っている住民税が23万5,000円未満なら対象になります。自立支援医療制度を活用すれば、うつの治療に対する通院費や投薬費などが原則1割負担になります。もしもひと月2万円分の診察を受けると、窓口で支払う金額は3割負担の場合で6000円です。これが自立支援医療制度を使うことで、2000円になります。完治までの期間が予想できなくても、負担が軽いためしっかりと病院に通って治療に専念できると評判です。うつの診断を受けても根気よく長く付き合っていけるような支援が整っているので、安心して治療に専念できます。うつ病は診断を受けた後、早めに対処すれば症状が軽度で済む場合が多いです。仕事に一生懸命に取り組んでいる人ほど、生活の中で異変を感じたとしても、つい無理を重ねてしまい通院や治療が遅れてしまうケースがたくさんあります。そのまま重症化してしまう前に、早めに病院で診断を受けて適切な対処することで、回復までの時間は短縮されます。うつ病は気の持ちようで済むことではありません。苦しいまま一人で悩まずに、早めに通院をすることで改善するスピードも早くなるというメリットがあります。また一人一人に合わせたやり方で治療を行うのもいいところです。大半は薬物療法を行います。様子を見ながら薬の強さや量を調整し、快方に向かうようにします。その他、精神療法を希望する人にはカウンセリングが行える体制を整えている病院もあります。このように、患者の希望にあった治療法ができるような配慮があります。そしてうつの回復速度はとても緩やかです。風邪のように翌日熱が下がって元気になった、というものとは違います。その分根気よく時間をかけて続けていくことで、気がついた時には以前よりも状態がいいということを実感できます。信頼できるクリニックを見つけて気長に治療を続けていけば、少しずつでも回復の兆しが見えます。一人で抱え込まないで診断してもらうことで、苦しさからも解放されます。