気になったらうつ診断を受けよう【医師の診断をサポート】

  1. ホーム
  2. 病気から自分を救う方法

病気から自分を救う方法

女性

医者に頼るのが確実です

近年日本社会でも患者数が増えている病気の一つがうつ病です。ストレスを感じている人が多いのは確かです。患者数が増加しているため、自身が病気の経験者であったり、身近に経験者がいたりするため、病気への理解がある人も増えています。うつと聞いてイメージされる症状には、気分の落ち込みや睡眠障害など複数あるでしょう。これは単極性の場合の症状です。よく目にする病気のチェックリストに当てはまるような症状がでるだけでなく、気分が上がる躁状態も出る場合は双極性障害と診断されます。躁状態の場合は精神が良くなったと勘違いされがちですが、躁状態ならではの問題点もあるので注意が必要です。また、最近よくメディアなどで見聞きする新型うつも世間に浸透しつつあります。特に若者の間で広がっている症状です。会社では気分が落ちたり、身体が怠かったりなどうつ病に似た症状が出るのですが、仕事から解放されると普段通りの元気な姿になっているという特徴があります。飲みに行くこともしますし、趣味活動に没頭したり旅行に行ったりすることも可能です。上司や同僚など傍から見れば理解に苦しむでしょう。実際には、新型うつは医師の間でも診断が分かれる場合があります。それだけ診断が難しいと言えます。今でこそうつ病と聞くと理解がある人も多いですが、一昔前は仮病だとみなす人も少なくありませんでした。本当に心身が苦しいと悲鳴をあげているのにも関わらず、仕事や学校に行きたくないから演技していると勘違いされるのは辛いことです。また、患っている本人でさえも病気に気付かずに、自分に鞭を打ちながら毎日頑張り続けて悪化する場合があります。心や身体が辛いと感じるのは、原因があるからです。きちんと病気の診断を下してくれ、休むように導いてくれるのは精神科や心療内科の医師です。うつ病は他の疾患と異なって身体に症状が表れたとしても検査すると異常無しという結果になる場合が多いです。医者が患者や家族などを相手に長時間にわたって症状や悩み始めた時期、悩みなどを細かく話を聞いてくれ、うつ病という診断に至ることがあります。治療には休むことが必須だと言われる病気です。必要ならば診断書も書いてくれます。頑張ることをしばらく止めて、堂々と休むことができます。周囲も無理を強いることはできませんし、無理をさせると問題が生じることもあります。休むことに罪の意識を感じていた人も、治療に専念できます。精神科や心療内科の医師は治療の方向性を示してくれます。信頼できる医師の指示に従って治療に専念することで、症状は改善して楽になるでしょう。