気持ちが落ち込み続けたら|気になったらうつ診断を受けよう【医師の診断をサポート】

気になったらうつ診断を受けよう【医師の診断をサポート】

  1. ホーム
  2. 気持ちが落ち込み続けたら

気持ちが落ち込み続けたら

看護師

勇気を出して受診を

しばらくの間、どうもやる気が出てこなかったり、気持ちがずっと落ち込み続けていたりと精神的にあまり良くない状態ではありませんか。このほかにも集中力が途切れやすくなったり、疲れやすいと感じるようになったりなど明らかに以前の自分と比べても精神的にも体力的にもあまり良い状態ではないのならば、放置しないでください。自分のみの周りにうつの人がいないと正しい診断を自分ですることができませんので、放置してしまいがちです。環境が変わったり、理解者が登場したりするなどすれば、自力で改善できるかもしれませんが、正しい診断を受けるためにも医療機関を受診してください。そのまま放置し続けてしまい、かえっていろいろな症状が悪化してしまう恐れがあるので気を付けなくてはなりません。うつは、見た目でわかる病気ではないので、自分に責任があるのだと勘違いして放置して悪化させてしまうこともよくあります。これが、うつ患者を増やした要因の一つかもしれませんので、明らかにおかしいようであれば肩の力を抜いて精神科や心療内科などに行きましょう。今はとても良い薬が開発されていますし、良い治療法もありますから、ずっとつらかった人も医療機関で治療すればすっきりとした気持ちを取り戻せるはずです。現代はストレス社会と言われていますので、心の病を患っている人が多くなったこともあってか精神科や心療内科の数が多くなりました。通いやすいところで十分とは言い切れず、とてもデリケートな病気だからこそ、どこの医療機関を受診するかは慎重に選んでください。通いやすいのも良いですが、心の病ですからスタッフとの意思疎通がしやすい、医師が話しやすくて信頼できることは重要です。うつかどうかを正しく診断するためには、問診はとても重要なことですので、話しやすいことは選ぶ基準に入れてください。実際に治療してみて、医師がうつだと診断した時に薬の処方だけで終わるようなことがあれば他院に変えることも考えましょう。確かに良い薬がありますので、それを服用すれば症状は改善されるかもしれませんが、心の病は薬だけで治療する病気ではありません。カウンセリングを重視し、いつ受診しても問診を丁寧に行ってくれる病院を選べば、症状が変わったことにも敏感に気付くので、その都度適切な治療をしてくれます。時間をかけて問診するために、予約制となっているところが多いので、予約が取りやすいかどうかも含めて決断しましょう。確実に定期的に通い続けるためにも予約が取れないと治療が進まないので口コミなどで確認してみてください。